水のトラブルを抑止するための四つの備え

水のトラブルを抑止するための四つの備え 長く住んでいる家ならば、突然キッチンの水栓から水が噴き出した、トイレの水が溢れかえってしまったといった水のトラブルに見舞われる可能性があります。未然に防ぐためには、長期的な視点に立って水周りの問題を考え、生兵法で終わらない正しい知識を身につけることが大切です。
一般家庭での水のトラブル抑止については、次の3点が重要になります。

■かかりつけ業者の重要性

まず、あらかじめ確かな技術と経験を持つ専門業者をかかりつけ業者として決めておくことです。
かかりつけ業者とは、かかりつけ医と同じ発想に基づくものです。患者の健康状態について長期間にわたって診察してきたかかりつけ医は、患者の体のことを一番に知っています。同じように、さまざまな水のトラブルが起きやすく、また確実に劣化していく部品についても精通している専門業者に日ごろから定期点検を依頼しておけば、発生の可能性を抑えることができますし、万一非常事態が発生しても、勝手知ったる家であれば配管や部品や構造、それらの耐用年数情報を持っているので迅速で的確な事後処理が期待できます。

■かかりつけ業者との関係と長期的な予算編成が大切
次に、家を建てる場合はかかりつけの専門業者に相談して、合理的で暮らしやすい水周り工事に参加してもらうことです。
かかりつけ業者と信頼関係を築いておけば、キッチンや浴室など水周りエリアについてどんな理想を持っているかまで知悉しているので、マイホームを新築する際にも大きな力を発揮してくれます。施工主が水周りに対してどのような意識を持っているのかを、設計段階で施工主が希望する形に添って、合理的でリーズナブルな提案をしてくれる事も期
今住んでいる家の水周りをリフォームすることもあります。ここで念頭に置いておかなければならないのは、かかりつけの専門業者の説明や提案を受けて、自分たちが納得いった場合は、中途半端な予算ではなく、長期的視点に立った予算編成を心がけることです。リフォームが必要だということは、多くの個所が劣化していることも意味しています。これらを「まだ当分はもつのではないか」という考えで推し進めると、いずれは故障したりトラブルを起こして再度リフォームをする羽目になりかねません。家族の意見をしっかりまとめ、専門業者の提案に耳を傾けて、長い目で見たリフォーム計画を実施する事が賢明です。

■修理を依頼するかどうかの見極め

最後に水のトラブルが発生した時に、自力で解決可能なことと専門家に依頼するべきことを明確に区分けしておくことです。
そうはいっても、水周りの補修は保険をかけていなければ全額出費になりますから、できるだけ自力で何とかしようという気持ちになりがちです。素人には解決できることが全くないということはありません。業者に依頼するまでもない軽微なトラブルであれば、素人でも解決できることがあります。問題は自分でやれることと、専門業者に任せるべきことの区分けが素人では判別が難しいことです。自分で解決できれば経済的に助かります。しかし、素人の手には負えないのに「何とかなるだろう」といった気持ちで修理すると最悪の事態に陥るといった危険性もあります。節約とトラブル拡大は背中合わせです。現在では、見積もりは無料でやってくれる誠実な修理業者さんもいますから、まずはプロの目で判断してもらい、それが素人で解決できるレベルなのか、専門業者に依頼した方が安全で確実なのかというレクチャーを受けて最終的に自分で判断するというのが、リスクを回避する可能性を高め、コスト的にも納得がいく選択につながります。

■まとめ
新築やリフォームなどの水回りを新しく設置するとき以外にも定期的なメンテナンスで未然に防ぐことができます。また、戸建てであっても賃貸であっても水のトラブルは、長くそこに住めば済むほど多くなりがちです。実際に水回りのトラブルが発生した時に自分が納得のできる選択を選べるかも大変重要となってきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース