水のトラブル修復は、自力でできないこともある

トイレから水がどんどん溢れている、キッチンで激しい水漏れが止まらない、といった水のトラブルが発生した場合、近くの修理業者に来てもらうケースが多いでしょう。しかし、修理業者に頼まず、自力で修理しようと思う場合もあります。例えば、トイレの水がちょろちょろとしか流れない、キッチンにある水栓の横からポタポタ水が滴っているという程度です。

■修復を依頼する線引き

水のトラブルで難しいのは、どこまでが素人でも対処できるか、という線引きです。この判断を間違えると事態は一気に悪化してしまうこともあります。自動車でもタイヤの交換ぐらいは個人でもできますが、エンジントラブルは素人の手には負えません。
水周りの補修についても、自力でやれるレベルと専門業者に依頼するべきレベルの区分けを明確にしておくことが、長期的には低コストで快適な暮らしを維持することにつながります。

■自分で修復できる部分

自分でやると決めた際に絶対に忘れてはならないのは、止水栓を確実に閉めることです。この元栓が開いたままだと、修理中に突然水が噴き出す恐れがあるためです。例えばトイレの場合は止水栓を閉めたらトイレタンクが空になります。他の機械部分に水が漏れだし、大きな故障に繋がりかねませんので、水が止まったのを確認してから作業を開始すべきです。
素人でも確認したり調整できるのは、浮き球という部品の破損確認と適正な固定、水を流したり止めたりする役目を担うボールタップ周辺部品の交換、排水口とタンクの間にあるゴムフロートのずれの調整などです。

■まとめ
水のトラブルが起こっても簡単なところは、素人でもある程度処理できますが、それ以外の電気系統や配流全体の構造を分解するといったことは専門家に任せるのが賢明です。これは浴室やキッチンの水周りにもいえることで、蛇口 交換など難しい部分や大掛かりな構造についてはプロに依頼するのが安全で確実です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ