水のトラブルを防ぐためにリフォームで考慮するべき事

自宅のキッチンや浴室で水のトラブルが多くなったので水周りをリフォームしたいということはよくあります。

■リフォームすべき優先順位を決める

リフォームする場合には、給水、給湯関係や配管は予算が許す限り新しいものに取り替えるのが賢明です。古い配管類は腐食しやすい金属製が多く劣化が進むので、目に見えない部分だからこそ予算を重点配分するべきです。中途半端なところで妥協してしまうと、リフォーム後にもかかわらず劣化による水のトラブルから再工事が必要になる事態も考えられます。
家族の意見を聞くことも忘れてはいけません。給湯器の不調やシャワーの水漏れといった実生活で困っていることを優先事項にし、我慢できる範囲の不満要素はランクを下げます。このランキングを確立させた上で、機材の老朽化や耐用年数という要素について専門業者に判定してもらい、最終的なリフォーム案を立てれば満足度は上がります。

■未来のことも考える必要がある

水のトラブルを防ぐためには、長期的視点でリフォーム案を考えることも大切です。新たにトイレを作ると、水周りで管理する箇所が増えてしまいます。これが子ども用のトイレだった場合は、子どもが自立して家を出た後は使用されなくなるので劣化や水のトラブルに気づきにくくなります。
また、年老いた両親と一緒に暮らす予定であれば、浴室はバリアフリーにして入浴させやすいシステムバスを導入するといった、いずれは介護が必要になるかもしれないことを考慮する必要があります。万一、介護用の機械を導入する場合は、水のトラブルが発生した場合の解決方法がより複雑になる可能性があります。

■まとめ
水周りのリフォームすべき時期には、一定の目安があります。しかし家や周辺環境によっては機材や部品の劣化の進行が速い場合もあります。水周りリフォームを手掛けている専門業者に診断してもらい、ベストタイミングのリフォーム案を提示してもらうと良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ